市販のカラーと、美容室のカラーって何が違うの??


 

池袋東口美容室、wagon by  afloat 沖田勇樹です。

 

カラーに関するご質問について。

 

市販のカラーと、美容室で染めるカラーって、何が違うの??

 

最近は市販で販売されているカラー剤は泡カラーなどもあり自分でも簡単に染められるようになりましたよね!

 

市販のカラー剤のメリットは

 

《安い!簡単!染めたい時に染めれる!》

 

自宅で好きな時に染められるし、仕上がりも綺麗に染まるようになりました。

 

『え?じゃー自分で染めた方が全然良いじゃん??』

 

そう思います?そう思いますよね??

 

もちろんメリットもあればデメリットもあるのです。

 

市販のカラー剤のデメリットは

 

《ダメージしやすい、色の種類が少ない、ムラになりやすい》

 

などがデメリットです。

 

誰が染めても綺麗に発色出来るように作られているので、薬剤のパワーが強いのです。

 

なのでダメージしている場合、薬剤のパワーが強いのでダメージに繋がりやすくなります。

 

美容室で染める場合は、髪のダメージによって薬剤を使い分けているので、なるべく負担を出さないようにしています。

 

美容室では薬剤の種類も豊富なので、髪質、ダメージ、肌の色、なりたいイメージに合わせて配合をしています。

 

 

市販のカラーでムラになりやすい点は、

 

黒染め、白髪染、熱によるタンパク変性などがある場合、染めムラになりやすくなります。

 

根元は明るいのに毛先は暗い…みたいな。。

 

その見極め、判断は美容師でも難易度高めなので、美容師さんにお任せが一番かと思います。

 

美容室で染めるメリットは、

 

《ダメージを考慮して薬を配合できる。地肌にカラー剤が付かないように塗れる。色の種類が豊富で色んな色が楽しめる。》

 

などがあります。

 

カラー剤が染みやすい方には地肌に付かないような塗り方もあったり、肌の色、髪質、デザインなどに合わせてカラーの色を選定しているので、貴方だけのオリジナル色を提供出来ます!

 

僕ら美容師の腕の見せ所ですね!

 

美容室で染めるデメリットは、

 

《美容室に行くまでが手間、市販よりも少しコストがかかる、》

 

があります。

 

市販よりもコストは確かにかかりますが、それ以上のクオリティーとリラクセーションを提供出来るのが美容室ですからね☆

 

 

もちろんですが、僕はカラーは美容室で染めることをオススメします!

 

 

以上、市販のカラーと美容室のカラーの違いでした。

 

 

ライン@からのご予約、ご相談を受け付けておりますのでお気軽にどうぞ↓↓   友だち追加

投稿者プロフィール

沖田 勇樹
wagon by afloat スタイリスト。
【上質なキレイ、カワイイ】をテーマにヘアスタイルをデザインしています。
再現性の高いパーマ技術が得意として、
簡単に可愛くなるデザインを提供しています。

沖田 勇樹

wagon by afloat スタイリスト。 【上質なキレイ、カワイイ】をテーマにヘアスタイルをデザインしています。 再現性の高いパーマ技術が得意として、 簡単に可愛くなるデザインを提供しています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です